コラーゲンの効果とは?|すっぽんコラーゲンを比較!

すっぽんコラーゲンを比較!

効能・効能・比較データまとめ

画像

コラーゲンの効果とは?

最近、スッポンが男性のみならず女性の間でもブームとなっています。
その一番の理由はやはり「コラーゲン」。
すっぽんの甲羅は柔らかく、甲羅の縁であるエンペラという部分はコラーゲンの固まりなのです。
美容と言えばコラーゲン。
コラーゲンやそのほかの栄養素が豊富に効率よく摂取できることから、モデルや女優など、常に美しくあることを求められる人たちにも大人気です。

コラーゲンの他にも、必須アミノ酸やリノール酸、鉄分やカルシウムやビタミンB群などの豊富な栄養素を持ってることから、健康・美容・生涯現役を目指す男女から支持を得ています。

すっぽんから摂取できる様々な栄養素の中でも特に注目される傾向にあるのが、先述した「コラーゲン」ですが、このコラーゲンには一体どのような効果があるのか詳しく解説したいと思います。
コラーゲンは、実は全身の超重要成分!そのため、良く知られている美肌効果以外にも、性別を問わず活用できる嬉しい効果がありますので男性の方も必見です!

【動脈硬化予防効果】

血管の主成分はコラーゲン。
コラーゲン量が十分に足りている場合はスムーズな修復が出来るので問題が起こりにくいのですが、加齢によって体内のコラーゲン量が不足してくると損傷個所の修復が難しくなってきます。
すると、傷ついた血管は柔軟性や弾力がなくなり、脆くなり、動脈硬化に繋がってしまいます。
血栓なども形成されやすくなるので、損傷を修復するコラーゲンは非常に重要な存在になってきます。
日頃からコラーゲンの補充を心掛けていれば、動脈硬化のリスクを大きく下げることが出来るでしょう。

【関節】

関節のスムーズな動きに欠かせない軟骨。
実は、軟骨の約半分はコラーゲンで出来ています。
中高年になると関節がスムーズに動かなくなったり、関節痛に悩まされる方が増えますが、これは体内のコラーゲン量が加齢とともに減少してしまうから。
軟骨のコラーゲン量が減少することで、関節のクッションとしての機能を果たせなくなってしまうのです。
コラーゲンを十分に補充することで軟骨のコラーゲン代謝も活性化されて関節痛の予防や緩和に繋がります。
中高年だけでなく、スポーツをする人にもこの働きは役立ちます。

【美肌】

コラーゲンと言えば美肌効果というくらい、この作用は有名です。
お肌の真皮層の約7割はコラーゲンの繊維で、お肌のハリツヤを保っています。
加齢とともにお肌の衰えを感じるのは、体内のコラーゲン量が減ってしまうから。
やはり、外からコラーゲンを補充することで若々しいハリのあるお肌に改善していくことができます。

この他にも、髪の毛や骨など、まさに全身のスムーズな働きに欠かせない役割りを担っています。

コラーゲンを外から摂取することは健康や美容に必要なことですが、 ただコラーゲンを食べたりサプリを飲んだりするだけでは意味がありません。

アミノ酸を含む良質なタンパク質と一緒に摂取することも大切です。
これがないと、外から補充しても体内で活躍してくれません。

また、脂っこい食事や糖分の取り過ぎは、せっかく摂取したコラーゲンを上手に活用できなくなってしまうのでNGです。
合成が妨げられたり、異常たんぱく質に変質してしまったりするので避けましょう。

ビタミンCはコラーゲンの合成を助け、サポートしますので一緒に摂取するのがおすすすめ。

コラーゲンが体内で活躍するためには、先述したようにアミノ酸が必要になります。
すっぽんには、豊富なコラーゲンの他にも、体内で合成できない必須アミノ酸をはじめ、ビタミンB群など沢山の栄養素が含まれています。
すっぽんのサプリメントなどを摂取することで、コラーゲンの効果をより効率よく実感することが出来るでしょう。

Copyright© 2010 Pelodiscus sinensis and Collagen All Rights Reserved.